スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『つか勇』の油麩丼(宮城県登米市)

南三陸町のボランティアの中には
隣町の登米市の宿泊施設から通ってるボランティア団体さんもいました。

登米市てどこかで聞いたことある町だなあと思ってたら
B1グランプリにも出てる
B級グルメ『油麩丼(あぶらふどんぶり)』の町であることを思い出し
震災で観光客も減ってるだろうということで
B級グルメファンとして復興支援ということで
ボランティアの作業が終わった後に行ってきました。

南三陸から30分?40分ぐらいでしょうか…

行ったお店は『つか勇』さん



大正から続いているというお店で
店内も作られた昭和の雰囲気ではなく
ごく自然に昭和から時間が止まってるような…
どこか懐かしい感じがする店内…

頼んだのは
もちろん
『油麩丼』と『はっと汁』と呼ばれる
これまた登米市のご当地グルメのセットを注文…




写真 2
写真 2 posted by (C)えせちゃり



油麩とは…の説明はこちら
後、『はっと』とは



写真 1
写真 1 posted by (C)えせちゃり


油麩を卵でとじた丼て
はたしてどうなんでしょう?と思ってました。

そしたら、油麩が肉の役目をちゃんと果たしているんですよね\(^o^)/
それに卵か絡み合い
油麩の独特の甘さがうまく溶け込み
ご飯に染み込んだ丼は

めっちゃうまいやんけ~
めっちゃうまいやんけ~
めっちゃうまいやんけ~


でした。

そして
はっと汁も
大きい油麩がたくさん載ってあり
いかにも、東北の山合いの街の味といわんばかりの味で
素朴な味で

めっちゃうまいやんけ~



でした。


登米市も震災の時は震度6を記録したそうで
街の明治時代の建物にも少なからず被害を受けたそうです…

以前のように観光客がたくさん来る街になって欲しいです。
そして
来た時は名物のぜひ油麩丼を(^_^)☆




関連ランキング:定食・食堂 | 登米市その他





詳細HPは「油麩丼の会」をご覧ください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。