スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い箱?

トイレからすっきりとして出てきた顔に
富士山からの北風が頬に突き刺さる…

タバコを吸おうと建物に入るが
やはり外でしか吸えないようだ…

タバコに火を点ける前に
かなり気になるので、あの赤い箱の乗ったバイクをもう一度見に行ってみる…

どうやら
ホンダの2気筒の250のバイクだった…
「この季節に旅?いやキャンプでも…」
ナンバーも関東ナンバーで
まさかこんな季節から旅なんて…でも積み方が旅人ぽい…
そんなことを思いながらタバコに火を点けて一息吐いた…

「ふ~」と思い切り白い煙を吐く。
俺は喘息なのに煙草なんか吸ってる…
煙草の為に薬を飲むこともある…
乾燥してると咳き込むこともあるのだが
今日はなんとなく調子がいいようだ…

そんなこと思いながら
隣に同じく煙草を吸う為に来た人が…

パッとおもむろに下を見ると
オンロードのブーツが目に入った…
どうやら例のバイクのオーナーらしい…
そして目線を上に持って行くと

まだ20そこそこだろうか…

女性がいや女の子とここでは言った方がいいぐらいの娘が煙草を美味しそうに吸っていた…

「え?この子が例のバイクの?」

そんなことを思いながら
人見知りな俺をそんな好奇心が押し
気がつくと声をかけていた…

「寒いですね!もしかしてあの赤い箱積んだ赤いバイクの?日本一周とか?」

すると彼女は寒さで引きつる顔を精一杯にほころばせ
「寒いっす!そうっす!日本一周す!」


まさに今時の若者が話す言葉で答えてくれた…

しばらく彼女と煙草を吸いながら話をさせて頂いた…

よくよく聞くと
彼女は大学を一年休学して
大型バイクを買うためにバイトしまくり
その金で大型バイクを止めて日本一周するとのこと…


俺はかなり驚いた


今時の若い物は旅はおろか
バイクにも乗らない傾向が多い中
彼女のような
バイクでしかも
大型バイクではなく日本一周にお金をつぎ込む…

俺はまだこういう若者がいることに
えらく感動してしまった…今何ができて今は何をしたらいいかをこの子はわかってる…話す言葉はギャル言葉でも目はしっかりと輝き目指す目標を見つめていた…

「コーヒーでも飲む?」と俺が聞くと
「マジすか?ごちそうになるっす」と答え
コーヒーをご馳走した…

余談だが俺は今でこそ社会人だが
旅人の時はプー太郎であることが多々あり
行く先々でご馳走になったことがあり
その恩返しとして
普段のツーリングで出会った若い旅人に何らかご馳走することに決めており
今日もそれができてとても嬉しく思った…


「ほな俺行くね。また旅の空の下で会いましょう」

彼女も「ぜひぜひ」と笑顔で手を振ってくれた…


停まってよかった…久しぶりにいい旅の出会いができた…

そんなことを思いながら
セルボタンを押し
ギアを入れて走り出す…


「今度はゴールデンウィークの南の空の下かな?」そんな淡い期待をしながら
道の駅からフルスロットルで伊豆へと遠退くのだった…

(終わり)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。