スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛久の悲劇

楽しかった牛久大仏ツーリングの帰り道…

一番近いインターで昨年開通したばかりの圏央道の阿見東インターから乗ろうと思い走ってました。


さすがに17台もいれば一緒に走れる訳もなく切れ切れになりながらインターに向かう…

インターに差し掛かる頃には
いつのまにか俺は先頭を走っており
後続は2台が付いてくる形となった…
インターも開通したばかりで
所々、工事中だったりもした…
料金所も間近な直角に近いカーブで悲劇は起きた…

30~40キロぐらいのスピードで突っ込み
左へリーンウイズなバンクをした瞬間に
リアタイヤが滑り
そのまま流れバランスを崩し


ガッシャーン!!



そのまま俺は倒れ
バイクは倒れたまま遊園地にあるコーヒーカップのように
一回転して止まった…

それに驚いた後続のハーレー2台も
急ブレーキをしてリアをロックさせて転けてしまった…


幸い
後続の2台ともバイクの損傷も少なく
怪我もなくてホッとした…
俺も左膝を強打したぐらいで
転けた瞬間に立ち上がり
バイクを引き起こしたぐらい大丈夫だった…

バイクも
あんだけ激しく転けた割には
クラッチレバーの先端を少し折ったのと
シフトアームを折ったぐらいで
後は特になかった…

とりあえず、シフトアームをなんとかしないと走れないので
どうしようかと考えてると
以前、事故った時に某ファクトリーで臨時に作ってもらった
シフトアームがバッグにあることに気づき
急遽、取り付けたのだった…


27319859_1747299102.jpg


なぜ滑ったのか
現場を見てみると


凍結防止剤

すなわち

塩カル・・・


そこだけてんこ盛りにまかられていた

しょうがないなあ~と渋々
その場を退散したのだった…


私はバイク歴15年で5台のバイクを乗り継ぎ
全走行距離22万キロ走り
雨や雪や凍結した道など
色んなシチュエーションを走ってきましたが
公道で走りながら転けたのは初めてでした

牛久の大仏を見にきて
転けたてしまい
御利益がないなあ~と
転けた当初は思いましたが
今思えば
大仏のお膝元だけに
膝の強打だけで済んだという奇跡に牛久の大仏様には感謝しています

ただ今回、一番の痛手は
バイクや膝でもなく…



後続の2台に多大なる迷惑をかけてしまったこと・・・

ほんとすみませんでした。


そして

ウィンドストッパーのGパンが
ビリビリに破けたことでした・・・

みなさんもくれぐれも
塩カルに気をつけて!

事故に気をつけましょう
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。