スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本百名山7座目 南アルプス 北岳

7月に富士山
先日は第三位の山、北アルプスの奥穂高岳
だったら次は二位でしょう…
登るなら今でしょう…

ということで行ってきました。

今回もカメラは「富士フィルム KLASS S」だったので
これよりの画像はiPhoneになります。




夜勤明けで自宅に戻り
10時に出発…
今回もハーレーに今回はミレー40リットルザックをくくりつけて向かいます…

二時間弱で南アルプス登山の玄関口山梨県南アルプス市「芦安」に到着…
ここは市営の無料というのがかなり有難い…
他のところは駐車料金かかりますからね。
駐車場を係りの人に案内されて停めます。
どこの登山口もそうなんですが
バイク置場という設定がないんですよね。
バイクで登山、ましてや大きいバイクのハーレーで登山なんて少数派でしゃうからね…
ここでもそうでしたが
空いているスペースに停めました。
駐車場の係りの人だと思っていたら
タクシーの運転手でした(笑)

ここでバス、または相乗りタクシーで
北岳の登山口「広河原」に向かう形になります。
今回は駐車場の係りの人だと思っていたタクシーの運転手さんに誘われ、「後10分で準備して」とせかされて乗り込みました(笑)




1時間ほど乗って広河原に到着…
このタクシーで隣にいた孫がいるようには全く見えない若いおじさんと話が弾みました。
そんな彼とは泊まったテント場、山頂、そして下山後の帰りのタクシー、おまけに温泉まで一緒でした。




このつり橋から登山が始まります。




北岳はキツイと聞いてましたが
登り始めから急登続きでかなりのものでした( ̄▽ ̄)




3時間ほど急登を40リットルザックの12キロ担いで白根御池小屋に到着…




テント設営して…

ちなみに設営料金は500円で
水は南アルプスの天然水が飲み放題です(笑)



とりあえず、ビールで乾杯し



晩飯は、おそらく登山と災害の時しか食べないだろうフリーズドライ…
当分、登山ではこれを試していこうと…

今回はチキンライスとペペロンチーノ…

これが

めっちゃうまいやんけ~


なんですよ(⌒▽⌒)

そして
タクシーで一緒だったおじさんと登山の話で酒を飲み…

このおじさんはかなりの山に登ってるみたいで
次回、もしかしたら行くかもしれない
「劔岳」の「カニのよこばい」がどうなのかを詳しく聞くことが出来ました(⌒▽⌒)

19時にはシュラフに潜って寝ました…




朝は6時にテント片付けて出発…

「草すべり」という急登をひたすら登ります。



この時期は高山植物が綺麗です(⌒▽⌒)




特に「トリカブト」の花が綺麗…
この花全部摘み取ったらいくらの致死量なんだろうと
トリカブトの花を見るといつも考えてしまいます(笑)

登っていくと富士山が見え出しました…



めっちゃ綺麗(⌒▽⌒)
この景色観れただけでも
体にムチ打って登ってきた甲斐あります。


3時間半かけて到着…




そこは屈指の絶景が広がってました。








南アルプスの山はもちろん、富士山、八ヶ岳、中央アルプス、北アルプスまで…

富士山の次に高い山ですから
展望がいいに決まってます。
富士山よりいいわ…

この後はとなりの百名山の間ノ岳に行きたかったのですが
今回は時間なくて断念しました…


「八本歯のコル」という危険箇所を下り
ひたすら、急なところを下山します。

何回か滑って滑落しましたが(笑)
無事です(⌒▽⌒)

4時間ぐらいかかって下山…

広河原山荘で休憩してると
「同じザック使ってます」と声をかけて頂いたこれまた、ベッピンな山ガールと少しお話させてもらいとても幸福な下山となり(笑)

広河原からバス、または相乗りタクシーで芦安まで…

広河原発のバスの最終が16時ぐらいでタクシーもそれぐらいが最終ということで
かなり時間を気にして歩きましたね…

南アルプスの道は夜間通行止めで18時にはゲート閉まるとのことでした…

芦安に戻って



「金山沢温泉」で疲れをとり

この後は下山飯…


もう腹減りまくりだったので
久しぶりに行きました。
山梨のデカ盛りの聖地「ぼんち食堂」


昔ほど食えないので比較的少なめな「肉丼」を頼むと「肉丼は少なめになってますのでオススメはスタミナ丼です」と言われたのでスタミナ丼を…

隣にいた細い青年も「肉丼」を頼んでましたがスタミナ丼を進めなかった…

「どういうこと?体観て言ってるしょ」と心の中でツッコミを入れてたら来ました…






まさか、晩飯の時まで
登山するとは思いませんでした…ぐらいの山です(笑)

とりあえず登山開始(笑)
この山は山頂から責めないと達成できないのが特徴ですね(笑)

なんとか制覇しましたよ…

いや~ぼんち食堂、久しぶりでしたが
相変わらず、盛りが半端でないです…


この後は高速で帰宅でした(^ω^)


今回、北岳登ったことで
今シーズンの夏の二ヶ月で
日本の一位、二位、三位の山を完全制覇しました(⌒▽⌒)

これは我が人生においてもトップクラスの偉業だと自負してます。

この俺のことデブだという奴や思う人は
まず、このベスト3の山を制覇してから言ったり思って下さい(笑)
そうそうできないと思います…

北岳の山はほんとキツかった…
筋肉痛がそれを語ってます( ̄▽ ̄)

今年の南アルプスはこれで早くも終了…
来年は仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳を狙いたいと思います…
スポンサーサイト

U1グランプリ



代々木公園で行われてたので行ってかた(^ω^)


稲庭うどんの「佐藤善助商店」や水沢うどんの「大澤屋」など行ったことある店や食べた
大阪や名古屋、福岡、伊勢やら長崎まで出店してました。

グランプリは倉敷の「ぶっかけ」でした…

しかし、うどん県からは一店舗の出店もなかったので
個人的には日本一と言っていいのかなと思ったり…



自分は当分、足を運ぶ予定がない福岡の「ゴボウ天うどん」を(⌒▽⌒)


代々木公園を始め
原宿はYOSAKOIもやってて賑やかでした(^ω^)






(EOS 6Dにて撮影)

新たな門出に…

仲間が新しくハーレーを手にいれ
そのマフラー交換を手伝いました(⌒▽⌒)



来月、久しぶりに彼とキャンプ道具満載で
ツーリングに…(^ω^)

山行準備考

今日は、このブログを常時観てくれてる方々には全く興味がないであろう
登山の話です(笑)
それでも、グタグタ話します。


昨年に富士山登ってから
やたらと登山関連の物を散財し
今年からはテント担いで登るで~と思い
オートバイツーリングで使ってるグッズを
これまた、買ったばかりの58リットルザック「オスプレイ ケアストル58」に詰めたら
パンパンでかなりの重量になるので
これまたテントやマットやらガスコンロやランタンまで一新して
どうにか軽くして
初めてのテント泊登山の鳳凰三山の時は一泊二日で15キロ強となり
なんとか担いで登りました。



これでもかなり重くて辛かった…



先日の三泊四日の上高地からの奥穂高登山では
三泊四日で15キロに絞りました。
日数が増えたのでしょうがないのですが
雨に降られるとザックに雨があたり
重さがかなり増えてヘロヘロになり
やはり、まだまだ荷物を減らす方向にしないと
これからのテント泊登山はただの修行になってしまう…

日々、荷物をどうするか
この荷物は何gあるのかまで気にし始めて(笑)

とりあえず、富士山で使って一眼カメラ用日帰りザックとして買った
「ミレー 」の「サースフェー40」の40リットルザックで詰めてると
これで行けそうな感じ…




(KLASSE フィルムはコダックprofoto100)

中身はザット紹介すると

テント…アライゴアライズ1
シュラフ…20年使ってるモンベルスーパーダウンハガー#6
マット…メーカー忘れたエアマット
バーナー…EPI REVO 3700
食器…メーカー不明でこれまた20年来使ってる北海道から沖縄までいつも一緒に旅した愛着のあるシェラカップともう一つ鍋の二つ

ランタン…スノーピークの「たねほおずき」
後は応急処置できる薬やら
モンベルのダウンやらトイレットペーパーやら
水はオスプレイのハイドレーション
などなど

必要最小限にしたら
8キロまでになりました。

後は食糧…

前回までのテント泊ではかなりの食糧を遭難対策として持って行きましたが
やはり多すぎたようで…
お酒も一泊二日で1リットルですからね。
俺はそんなに飲まないのに(笑)

ということで
これらを絞って
水入れて11キロぐらいになりました。
4キロの減りはデカいのです。

今は一人でテント担いで登ってます。
いつものハーレー登山部で「テント担いで登ろうよ」と言ったら
全員一致で却下でした(笑)
やはり、テントというかキャンプ道具はバイクに積むものだという認識が強いんだと思います。

しかし、山にテント担ぐということすると
平地でのツーリングキャンプがいかに贅沢で無駄なものが多いか
アホみたいにわかりますね。
上記の装備で充分に日本全国廻れますよ…
平地でのキャンプもダッチしたりBBQしたりできて
それはそれで楽しいですけどね(^ω^)



話は変わって…

自分はツーリングの時はほとんどルートなどの計画をノートに書いたりメモしたりしないのですが
登山の時はがっつり下調べします。




どのオートバイで行き
どのルートで行き
高速では何キロいくらかかり
山に入ったらどこに水場があるか
どのくらい時間かかるか
テント場の情報や
その土地のバス時刻やタクシー会社まで調べてメモしてます。

このO型気質な俺ですが
それだけ山では何が起こるかわからないということをいちよ身に染みてわかってるつもりです。

いちよ、こんな細かい所もあるんですよ~という紹介でした(^∇^)

2013夏増刊号最終便 次回から通常営業

まだまだ、夏の太陽がギラギラしてますが
当ブログを通常営業に戻します(笑)

先日、シェルパの前ブレーキの不調を
気温35度の炎天下の中、修理して





(EOS 20DのAPS-Cにて撮影)

少し走らせました…

ただ、それだけのネタです…

2013夏増刊号⑥第13回坂戸よさこい祭り

初めて埼玉県は坂戸の
よさこいへ…












今年は祭りらしい祭りに行ってなかったので
夏を感じれました(⌒▽⌒)

(EOS 6Dにて撮影)

2013夏増刊号⑤残暑きびしゅう…






中判の「BRONICA S2」
フィルムはコダックのポートラ400
にて撮影

残暑お見舞い申し上げます。

今年は四万十が熱い…でなくて暑いですね( ̄▽ ̄)

行ったことあるだけに
あの立地は暑いんだろうなあ…と思ってしまう訳です…
でも、四万十川に入れば気持ちいいはず(⌒▽⌒)

当ブログは今年はカメラか登山ネタを多くアップしてるからか
アクセスが愕然と減りましたよ(笑)

だからと言って以前のように
ガツガツとツーリングをしてまで
アップして
アクセスあげる気もごさいませんが( ̄▽ ̄)

食べることにはまだまだ興味ありますが
平地を走るのに少しどころか
かなり飽きてしまったようです(笑)

そら、バイク乗り出して全走行距離
30万キロ、しかも日本だけでで…

それだけ走ってればさすがに…ね…

今は雪が降るまでは
てっぺん目指します(⌒▽⌒)

そんなんでも良ければ
当ブログよろしくお願い申し上げます。

暑いのでボヤいてしまった( ̄▽ ̄)

夏旅2013 ~憧れの「涸沢カール」へ

今年は、毎年行ってる青森ねぶたには行かず
昨年の富士山登山から登山に目覚めてしまったので
今年は長野は北アルプスの上高地から
涸沢カールでテント貼って登山するというプランを昨年から決めてました…

今回はそれが実行にできました。




ハーレーにテントやシュラフが入ったザックをくくりつけ
上高地へ…

登山にハーレーで行くというこだわりは
持ち合わせてないのですが
車に興味と必要性を感じてないので
所有してなく
ETCついてるのが
ハーレーだけなので
ついついハーレーで行ってしまうだけです。

上高地は沢渡大橋の近くの「梓湖畔温泉」の駐車場にハーレーを預けてもらい
バスに乗り換えて上高地へ





まずは一日目のテント場「徳澤テント場」を
15キロのザックを担いで歩きます。
この半分が4日分の食糧と酒です(笑)



土砂降りの中、ひたすら歩くこと二時間
やっと到着してテントを貼り…
晩飯は徳島ラーメン作りました。



19時には寝て明日に備えます。


二日目は徳澤からいよいよ憧れの涸沢カールテント場を目指します。





途中からかなりの急勾配になり
そして土砂降りの中、ひたすら登り
途中には夏なのに雪を歩き
歩いて5時間ぐらいかかり
11時ぐらいに到着…


そこには、ずっと観たかった光景が広がってました…










ここでテント貼り、さらにその上の
奥穂高岳を目指すつもりでしたが

ここの山小屋「涸沢ヒュッテ」には生ビールがあり




飲んでしまったので
この涸沢カールで一日ボーとしてました。
ほんと、一日ボーとしても飽きない景色にとても最高で美味いビールでした(^∇^)

この日はカレー作って
持ってきた屋久島の焼酎「三岳」飲んで
またまた19時には寝ました。

三日目は前日の疲れとお酒で9時間の爆睡で
快適な目覚め…
抜群の快晴でした。
鹿児島ラーメンを朝飯に食べ
北アルプス最高峰で
日本第三位の奥穂高岳を目指します。

テントは涸沢カールテント場で貼りぱなしなので身軽…

かなりの急勾配な岩場で
奥穂高岳近くにはハシゴもあり落ちたら一発で死ぬ場所もありました。

あまりにも怖かったので
写真はありません(笑)

そして



ヘロヘロになりながら到着(⌒▽⌒)

そこには大パノラマな大絶景が広がってました。









少し休憩してからこれまた、下りの方が怖い岩場を下山…

涸沢カールにあるもう一つの山小屋「涸沢小屋」のソフト




疲れた体に甘さが染み込み


めっちゃうまいやんけ~
めっちゃうまいやんけ~

でした。

ほんとはテントを片付けて少し下る予定でしたが
疲れたのでやはり



「涸沢ヒュッテ」で生ビールを飲んでしまい
涸沢カールでボーとしてました。





山ならではのヘリの搬入も見学し



急病人を運ぶヘリも何度かみました。

やはり、怪我してる人が多い危険な山でもあるだと実感せざる得ませんでした。


この日の晩飯は
米からご飯炊いての牛丼でした(^ω^)

夜、涸沢カールには
天然のプロネタリウムな星空が広がり…


こんな星空は沖縄本島から石垣島に渡るフェリー以来でした…


最終日はテントを片付けて
来た道をひたすら戻ります。

7時間ぐらいかけて歩き
上高地に戻ってきました。







画像にはないですが
上高地で食べた「飛騨牛の肉まん」が肉タップリで
今まで食べた肉まんでは一番うまかったです。

バスでハーレー置いてある「梓湖畔温泉」に戻り
ここで温泉入って(駐車すると温泉代は割引になります)ハーレーにザックをくくりつけ
松本へ…

腹が減りまくりでデカ盛りの店も二軒ほど知ってたのですが
時間がランチ時間を過ぎてたので
松本インターから乗り長野道の「梓川サービスエリア」で
松本のご当地グルメ「山賊焼き」の丼を頂きました(^∇^)




めっちゃうまいやんけ~
めっちゃうまいやんけ~

でした。

今年は既に一位と三位の山を制覇(⌒▽⌒)

後は二位を制覇すると
年内に1位、2位、3位の山をフィニッシュ出来るという

我が人生においても
原付100による日本の東西南北の最端の制覇…
47都道府県とその県庁所在地制覇…
それらと同等、もしくはそれ以上の偉業が成し遂げられる…
そんなことを思いながら帰ってきました。
ということで
次は二位の山
南アルプスの「北岳」を目指せたらなと思います。

今回のアップの写真は
持って行ったカメラが
フィルムの「KLASSE」だったので
iPhoneの写真になります。

日本百名山6座目 北アルプス 穂高岳(奥穂高岳)




3泊4日の上高地からのテントを担いで
日本第三位の標高の奥穂高岳に(^∇^)

気が向いたらレポします(^O^)/

今年の夏旅は「山旅」です。

青森ねぶた真っ盛りですが
今年は行きません…

今年の夏旅は「山旅」に決めましたので
休みの都合上行けないのです。

行き先はこちら








(フジ KLASSE フィルムはNATURA1600)



この真ん中の日本第3位の山を目指します…



ハーレーのパッキングはこんな感じ…

58lザックに約15キロ( ̄▽ ̄)
そのうち、お酒と食料数日分が半分ですψ(`∇´)ψ

気が向き、電波があればリアルタイムに更新するかもです。





(EOS 6Dにオールドレンズで撮影)

近くで盆踊り…

夏ですな(^ω^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。